P R E V U E

芸能記者(ペン&カメラ) 志和浩司

HKT48森保まどか、SKE48珠理奈に下克上宣言!?

leave a comment »

OLYMPUS DIGITAL CAMERA取材/吉田勉(カメラ、ペン)

福岡・博多を拠点とするアイドルグループ・HKT48の指原莉乃(チームH)、兒玉遥(チームH)、宮脇咲良(チームH)、森保まどか(チームH)、穴井千尋(チームH)、朝長美桜(研究生)、田島芽瑠(研究生)が1月26日、都内で開かれた「HKT48モノレール派宣言」プレス発表会に登場した。

1964(昭和39)年の東京オリンピック開催にあわせて開業以来、羽田空港から都心を結ぶ交通アクセスとして多くの人々に利用されている東京モノレール。今年で50周年を迎え、さらに全国の人々にモノレールの魅力や利便性を知っていただこうという趣旨のもと、HKT48が〝モノレール派宣言〝を行い、モノレールの魅力を発信していくことを誓った。羽田空港からの主要路線である福岡は、モノレール利用者を多く抱える都市であり、福岡を拠点に全国で活躍するHKT48が今回の企画にぴったりということで、この度指名を受けたメンバーは笑顔で発表会に臨んだ。

指原は「私たちは田舎者なので、都会的な乗り物をキャンペーンできるのはすごく光栄です」とニッコリ。指原は地元・大分に住んでいる頃からオーディションなどでモノレールを頻繁に利用していたそうで、「利用回数は間違いなく私が一番多いです!」と、胸を張った。

この日は、ダジャレが得意な森保が「東京モノレール、いつでもノレール(乗れーる)!」というキャッチコピーを考案。さらに、「モノレールは窓からの景色がすごくいいです。まどかだけに」と自分の名前にちなんだダジャレを披露。48グループでダジャレといえば、SKE48・松井珠理奈(チームK)だが、「ダジャレの女王を奪いに行きたいです!」と意気込んだ。

そんな森保の活躍について聞かれた指原は「クオリティはトントンだと思うんですが、珠理奈は頭が良いのでもっと頑張らせます」とコメント。森保をはじめメンバーそれぞれの個性が発揮されるようになってきたが、「私が育てたわけじゃなくて、勝手に育ってますから、置いてきぼりです。みんな芸達者なので、見守るのみですね」と謙遜。また、これから撮影するというCMについても「若くて可愛い子をどんどん映してほしいです」と、若手をプッシュした。

また、昨年開催されたドラフトで1位指名した山本茉央(17)の名前を挙げ、AKB48グループの総監督・高橋みなみ(チームA)を知らなかったというエピソードを暴露。「たかみなさんのモノマネをやってって言ったら『剛力ダンスの?』って、みぃちゃん(峯岸みなみ)と勘違いしてたんです」と話し、取材陣を笑わせた。

「HKT48モノレール派宣言」は、今後、交通広告や3月5日(水)からのTVCM放映、指原莉乃による車内アナウンス実施など様々な企画を展開していく予定。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。