P R E V U E

芸能記者(ペン&カメラ) 志和浩司

あすぴー高橋明日香、のりピー降板舞台のヒロインに!「全力で演じる」

leave a comment »

OLYMPUS DIGITAL CAMERA取材/吉田勉 監修/志和浩司

女優・高橋明日香が1月16日、都内で開かれた舞台「手をつないでかえろうよ~シャングリラの向こうで~」の制作発表に俳優・今井雅之、女優・さとう珠緒とともに出席した。

同舞台は今井が主演・脚本・演出を手掛け、2009年の初演以来、3回目の上演。キャストを変え回を重ねるごとに評価を高めてきた作品だが、今回は酒井法子の降板騒動もあって特に大きな注目を集めている。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA会見の冒頭で今井が「キャスティングの件でご迷惑をおかけしてしまい、本当にすみませんでした」と謝罪。「(酒井の降板について)聞くなと言っても聞かれるのが記者会見なのは承知していますので、この件は聞くなら私に。2人(さとうと高橋)は関係ないので」と、共演者を守った。
そして、「酒井さんは一切悪くなくて、(酒井の)事務所の社長との話です。日本の芸能界は契約書を交わさず信頼関係で動くことが多くて、僕も快諾してもらったと思っていたのですが、『契約書を交わしていない』と(酒井の事務所側が)言ってたんでしょ? だから、僕が悪いです。大きな勘違いだった」と、説明した。
また、今後、酒井との共演があった場合は「役者として魅力的だから機会があればぜひ同じ舞台に立ちたいけど、酒井さんの事務所の社長が許さないでしょ。契約書100枚書いてもいいけど」と苦笑い。降板決定後には酒井から電話があったそうで「彼女が謝ってきたので、僕は騒動を起こしたことを謝りました」と、会話の内容を明かした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAその酒井にかわり、ヒロインに抜擢されたのが高橋だ。1987年神奈川県の出身。2009年8月、朝倉薫演劇団納涼公演ロマンチックラブコメディー「恋する悪魔」(銀座みゆき館劇場)の大天使ラムエル役で初舞台。2010年3月、青山学院大学フランス文学科卒業。最近ではガールズ演劇のトップランナーであるアリスインプロジェクトの舞台などで活躍、アクトライブアイドルユニット・アリスインアリスのリーダーとしても親しまれている。

「あすぴーこと高橋明日香です。趣味は寝る前にハロプロさん関連の動画を見ること、特技は上半身でハロプロさんのモノマネをすることです!」と、やや緊張ぎみながら元気にあいさつした高橋。ニックネームを知らなかった今井に「のりピーの次はあすぴーかよ!」と苦笑いされると、「まったく意識してませんでした! ごめんなさい!」と、焦りながら謝っていた。

酒井法子の代役として抜擢されたことについては「この場にいることが信じられません。台本を読んで感動したと同時に、難しい役になりそうだと思いました。プレッシャーはありますが、全力で演じたいです」と、ポジティブ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA話題性も抜群な酒井の代役について、誰でも良いというわけがない。おのずと大きな注目の集まるポジション、期待を裏切らないパフォーマンスが求められる。そんな貴重なポストに高橋が抜擢されたことには理由がある。高橋は過去、アリスインプロジェクトはじめ数多くの舞台に継続的に出演し、演技力を高めてきた。堅実で地道な積み重ねが、抜擢につながった。芸能ニュースでは、とかく「ヒロイン」「抜擢」といった派手な部分が強調されるが、オーディションもキャスティングも何も、まずはその地味な継続と積み重ねなくしてあり得ない。ひとつひとつの仕事を大切にしながら、結果的に、みずからチャンスに向かって行ったのだ。本物のチャンスとはたゆまぬ努力の先に獲得できるもの、高橋が今回得たチャンスはまさにこれまで培ってきたことによる賜物であり、彼女のここ数年の芸能生活の正しさが証しされた。

今井の印象を聞かれ「オーディションでは、まだまだ無名の私の演技を細かいところまで見てくださって感激しました。見た目は怖くて、立った時に大きくてビックリしました。怒らせちゃいけないですね」と笑うと、今井から「なんでやねん」とツッコまれた。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAそんな高橋について今井は、「オーディションで見させてもらった限り、役のイメージにぴったしというよりは、何でもできる器用な子。舞台経験も豊富だし、知名度はまだないかもしれないけど、その分、色がつかなくていい」と、評した。

囲み会見では、あすぴー語で抱負をと振られ「がんばるぴー!」とあいさつ。さらに、特技であるハロプロ所属アーティストのダンスのモノマネと、初対面となるさとうの「ぷんぷん」を披露し、ハートの強さを見せた。

3月19日の大分・iichiko音のいずみホール、3月29~31日の東京芸術劇場など全国4ヵ所で上演!

【公式サイト】
http://tetsuna.com/

【ストーリー】
主人公は軽度の知的障害のある男性、真人(今井雅之)。中学で「特殊」学級に入った真人は、バカにされたりいじめられたりしながらも、同じ障害のある女性、咲楽(高橋明日香)と出会い、ぎこちない愛情表現を交わしながら、 やがて結婚する。真人は咲楽を守るため、罪を犯してしまう。咲楽との約束だった新婚旅行を思い起こすように、真人は姫路から伊勢神宮へ1人で 車を運転して出かける。そこにヒッチハイクで、おしゃべりな女性、麗子(さとう珠緒)が乗り込んできた。彼女は車の中で真人に、「神とは?歴 史とは?人間とは?」と問いかける。そして、咲楽が残した「エッチと銭の間にあるものってな~んだ」というなぞなぞへの答えが、浮き彫りになっていく。やがて、伊勢神宮についた麗子が、車の中に置き忘れていった箱には思いもかけないものが入っていた……。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA【高橋明日香】
高橋明日香プロフィール
http://www.office-iccho.co.jp/wp/?p=40

高橋明日香公式ブログ「あすぴーブログ」
http://ameblo.jp/asuka-takahashi/

アリスインアリス 公式HP
http://aliceinalice.info/

 

 

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。