P R E V U E

芸能記者(ペン&カメラ) 志和浩司

柾木玲弥インタビュー!昼ドラ「明日の光をつかめ ―2013 夏―」7月1日スタート

with one comment

20130616_reiya952写真/志和浩司 インタビュー/吉田勉 スタイリスト/吉田ナオキ

09年に「第22回 ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」で審査員特別賞を受賞し、11年に上演されたミュージカル「『テニスの王子様』青学vs聖ルドルフ・山吹」で役者としてデビューした18歳の柾木玲弥(まさき・れいや)。個性的な演技で注目されている彼が、7月1日から東海テレビ・フジテレビ系全国ネットで放送される昼ドラ「明日の光をつかめ ―2013 夏―」(毎週月曜~金曜・午後1時30分~1時58分・全45回)に出演することが決定、話を聞いた。

現場の雰囲気、空気感を大切にして芝居をしています

「明日の光をつかめ ―2013 夏―」はどんなドラマですか?

このドラマはシリーズ作品で、僕が出演するのは第3シリーズになります。「たんぽぽ農場」の主宰でおっちゃんと呼ばれる北山修治(渡辺いっけい)と、その北山さんが農作業を教えることになった「かぼちゃハウス」で、太田蒼(須田アンナ)はじめ様々な事情を背負った子どもたちの絆が描かれているストーリーです。自分が演じるのは、心臓に持病を抱える頭の良い浩樹という役。浩樹には翔太(須賀健太)という仲のいい友だちがいるんですけど、翔太は頭が悪くて単純なやつで、浩樹とは真逆の性格なんです。翔太が持っていないものを浩樹は持っていて、浩樹が持っていないものを翔太が持っている。2人で一つみたいな感じですね。

役作りは順調ですか。

最初は、いま放送されているコメディドラマ「みんな!エスパーだよ!」(テレビ東京系)で演じた役を引きずっていました。役も現場の雰囲気も引きずってて、コメディ寄りの芝居になってるのかなって少し不安になったり。シリアスなシーンがあると、「エスパー」の時は一つもなかったなって。もちろん、「エスパー」にもシリアスっぽい、いいシーンはあるんですけど、言ってもコメディですから(笑)。今はだいぶ慣れてきました。

役に自分と共通する部分はありますか。

あまりないですね。頭がいいからこそのセリフや、病気を抱えているからこそのセリフが多いし。でも、理屈で相手を負かそうとするところは似ているかもしれない。ふだんの僕も、口げんかでは負けたくないなって思っているので(笑)。

共演される方たちの印象はいかがですか。

一番仲の良い翔太を演じているのが須賀健太ってやつなんですけど、撮影1日目で意気投合して、2日目からは「てめぇ」みたいな言葉使いのノリで話せるようになって。今では罵倒し合える仲です(笑)。

ブログには「自分は人見知り」というようなことが書いてありましたが。

それが、なぜか須賀くんとはすぐに話せるようになったんです。須賀くんのおかげでほかのキャストのみなさんとも仲良くなれたし。顔合わせの時に「人見知りなので仲良くしてください」っておどおどしながら言ったのに、撮影に入ってから元気が良かったからか、「全然人見知りじゃないじゃん」って言われて、おかしいなって(笑)。普段はこうじゃないんだけどなって思いました。現場ではいつも、共演する人たちに助けられて話ができるようになりますね。

ベテランの俳優さんからは学ぶことが多い?

単純にすごいなって。同じ仕事をしている人間として、いち職人としてすごいって思います。現場に入る前にプロデューサーさんから「家族みたいになるよ」って言われて、撮影が進むうちに本当にそんな感じになりました。僕は昼ドラに出ることができて本当にうれしくて。個性的で実力のあるキャストの方たちに囲まれてお芝居ができることがとにかくうれしいです。

今回のドラマが出演8作目となりますが、自身で成長は感じますか。

初めてドラマの撮影に臨んだ時は何もわからないで現場に入ってて、わからないなりに見よう見まねで一所懸命やってたんですけど、今は役を楽しむ余裕ができるようになったというか。役を噛みしめるじゃないけど、お芝居しながら「今、オレ役に入れたな」とか「今のはただセリフを言っただけだったな」とか、そうやって考える余裕が出てきましたね。芝居の質が上がっているか、上がっていないかっていうのは自分ではわからないですけど、でも、感じ方は変わってきている。

芝居をする上で大切にしていることは?

僕は現場の雰囲気、空気感を大切にして芝居をしています。だから、現場に行くときは何も準備しないですね。現場の空気感に合うようにどう表現するのかが毎回の課題です。

役者という仕事の魅力を聞かせてください。

しっかりと形で評価されにくいというか。色々な賞みたいなものはありますけど、会社員が部長になってというのとは違うじゃないですか。いつまでも子どもみたいでいられるっていうか、仕事に対して純粋な意欲、興味が湧いてくる。子どもが砂遊びなんかをしたりするのと似ているかもしれない。

20130616_reiya1112「みんな!エスパーだよ!」で描かれているのは高校生の普通の性欲

いま放送されている「みんな!エスパーだよ!」もかなり話題になっていますよね。ネクラで透視能力を持つ矢部直也役はいかがでしたか。

初めてああいう役を演じましたけど、楽しかったですね。しゃべり方や仕草一つにしても、こういうやつはこういう動きをするかなって考えて、常に猫背でリュックの紐を両手でずっと持っていようって決めて。ふざけている役だから、目一杯ふざけようと思って。

自分とはまったく違う?

まったく違いますね。それは、高校生役を演じた出演者全員がそうだと思います(笑)。あのドラマで描かれているのは、言ってみれば普通の高校生の性欲だと思うんですよ。そういう意味では親近感というか、男子高ってこういうノリなんだろうな、みたいに想像できたし。男同士だったらこういう会話するよなって。それをうまく表現した作品ですね。

撮影は豊橋で1ヵ月半にわたって行われたそうですが、現場の雰囲気はいかがでしたか。

みんな仲が良かったです。あっちで誕生日を迎えて18になって、ちょうど夜に『ラウンドワン』(※アミューズメント施設)に行ける年齢になったので、みんなで行ったりとか。飲みに行く大人の方たちの輪に入れなかったのは少し悲しかったですけど。

コメディだからこそほかのキャストの方たちと仲良くなれた?

そうですね。現場でも下ネタが飛び交っていて、それで打ち解けましたね。

放送されてからの反響は?

やっぱり大きいです。いろんな意味で話題なのかなって。僕はどんな意味でも話題になるのはうれしいです。でも、あえて母さんにはこのドラマに出ることを言ってなくて。見られるのが気まずくて、言えなかったです(笑)。

夏帆さんの演じていたヤンキー風の平野美由紀と、真野恵里菜さんの演じていた腹黒ブリっ子の浅見紗英なら、どちらがタイプですか。

それ、現場でも聞かれたなあ。う~ん……どっちもムリですね(笑)。

20130616_reiya1006

青春できる大切な時間を捨ててこの仕事を選んだ

地元が北海道だと思うんですけど、上京して仕事をしようと思った理由を教えてください。

「スーパーボーイ・コンテスト」で審査員特別賞を受賞して、「テニスの王子様」のミュージカルに出ることが決まったのが高校1年生の夏で、東京に行かざるをえない状況になって。当時は流れに任せて東京に来て、よくわかんないまま稽古に入って。でも、本番が始まってたくさんの人の前に出て、自分の気持ちが変わって。本番の初日に家のドアを開けて一歩を踏み出した時に何かが変わったというか。そのあたりから徐々にこの仕事をしっかりやっていきたいなって思い始めて。それで、舞台が終わった時に、一緒に舞台に出た仲間たちに負けたくないなって気持ちが芽生えていることに気づいて。演技も、もっとこうできたな、ああできたなって悔しさを感じて。今でもその悔しさは毎回感じるんですけど、最初の舞台はとくに悔しさが強かったです。

一般的な年齢よりも早い時期に進路について決断を下しましたが、葛藤はありませんでしたか。

もし僕が生まれ変われるのなら、3年間普通の高校に通います。でも、今回の人生はこのままでいい。高校を捨てて…高校はすごく青春できる場所だと思うんですけど、そういう大切な時間を捨ててこの仕事を選んだんだって自分に言い聞かせてます。

上京を決めた時、ご家族の反応はどうでしたか?

両親は寂しかったみたいですけど、行くしかないって思ったし。ここで行かなかったらもったいないなって。

東京での生活はもう慣れました?

東京に来て、舞台の稽古が始まるまでは辛かったですね。環境に慣れないから家からも出られなくて、悲しいというか。家にいる時、「この時間帯はみんな学校に行ってるんだろうな」とかって考えると、本当に辛くて。でも、今は人の多さとか地下鉄とかにも徐々に慣れてきました。逆に今は、北海道で冬は過ごせないなって思ってます(笑)。

20130616_reiya1019

オフの時も仕事に役立つものを求めている

オフの日は何をして息抜きしていますか?

とくに何もしてないですね。一日寝てます。寝だめしよう、みたいな。でも、やりたいことはたくさんあるんです。普通に映画館で映画を観たいなとか、大したことじゃないんですけど。

プロフィールには料理が趣味と書かれていますけど…

実家にいる時は親が共働きでいつも家に帰ってくるのが遅くて。その頃は、自分で作った料理を食べるのが好きだったんです。東京に来てからも最初は自炊してたんですけど、引越してキッチンが狭くなっちゃって。あと、実家にいる時は親が食器を洗ってくれるからラクだったんですけど、自分食器を洗う苦痛を知ってからは減っちゃいましたね(笑)。

体型がスマートですけど、スポーツなんかは?

まったくしてないんです。ご飯もいっぱい食べるんですけど太らない。父親も20代までは細かったんですけど、今は体がすごく大きくなっちゃって。だから、お前も大人になったら気をつけないと太るよとは言われています。

好きな俳優さんを教えてください。

昔から好きなのは窪塚洋介さん。小っちゃい時に「池袋ウエストゲートパーク」を見て、まだ3歳とか4歳だったと思うんですけど、それからずっと好きですね。あの人は天才だなって思います。うらやましいです。僕の中では、織田信長とか豊臣秀吉とかと同じくらいの位置にいる人です。もし会ったとしても、緊張して話しかけられないと思います。

映画には興味がありますか。

映画には本当に出たいですね。映画館のスクリーンのサイズで自分を見てみたいです。最近は、映画をつくるほうもやりたいなって思っていて。一眼で撮ろうと思っていて、レンズを調べたりするのが好きです。

ほかに芸能界でやってみたい仕事はありますか?

バラエティーには出てみたいです。役者として出るなら、「ぐるナイ」(「ぐるぐるナインティナイン」)とか「めちゃイケ」(「めちゃ×2イケてるッ!」)とか「とんねるずのみなさんのおかげです」とか、そういう番組に出てみたいです。芸人になりたいって思ってたこともあったので。

好きな芸人さんは?

最近だとオジンオズボーンとうしろシティかな。サンドウィッチマン、バナナマン、東京03も好きだし。わりとコントを見るのが好きで。コントは演技と通じる部分もあるし、よくDVDを借りてきて観ています。芸人さんのキャラづくりはすごいですよね。

趣味も仕事にかかわってくるものが多いですね。

そうですね。オフの時でも、何かしら仕事に携わるものを求めているのかもしれないです。

18歳ながらも意識が高く、ストイックな姿勢で仕事に臨む柾木の演技に注目してほしい!

【番組サイト】http://tokai-tv.com/asupika2013/

【柾木玲弥ブログ】http://ameblo.jp/masaki0324/

【柾木玲弥から一言!】http://www.youtube.com/watch?v=A6m5Nu6gzwk

20130616_reiya965

広告

Written by 志和浩司

2013/06/27 @ 11:07 pm

コメント / トラックバック1件

Subscribe to comments with RSS.

  1. この頃の れいや、 輝いてたなぁ…写真もぐうイケメン☆

    いどプリの時は 妖精だったな…

    れいやぁ〜!カムバァ〜ック☆

    greatママ

    2013/12/31 at 1:44 am


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。