P R E V U E

芸能記者(ペン&カメラ) 志和浩司

琉球のアツイ風!RYUKYU IDOLが東京初上陸

leave a comment »

ryukyu_1bell写真・文/志和浩司

“琉ドル”の愛称で親しまれる沖縄生まれのアイドルユニット、RYUKYU IDOL(リュウキュウアイドル)が6月1日、新宿MARZでメグリアイ、Qubicとともに「Dear IDOL prelude」に出演、東京で初のライブを行った。

この日は、5人の選抜メンバー(天久舞子・18、根間菜月・12、與座麗羅・16、嘉手川華・13、亀田阿依音・14)で出演したRYUKYU IDOL。三線(さんしん)の音がフィーチャーされ沖縄テイストを感じさせるデビューシングル「THE early」-春-をはじめ、約45分のステージで会場を盛り上げ、前々週の大阪初遠征に続き東京でもファンから熱烈な歓迎を受けた。

「東京に来るのがひとつの目標でした。結成から一年、こんな早く東京に来れるなんて」と感激するリーダーの天久。2012年11月に結成され、現在は1期生・2期生に研究生も加え10人を超えるメンバーが在籍する琉ドルとは、どんなグループなのか? メンバーたちに話を聞いた。

ryukyu_1bell2

天久は「言葉で説明するのが難しい。それより、ライブを観に来ていただいたほうが私たちのことをわかっていただけます!」と胸を張る。事実、この日のライブで、ステージが実際のサイズよりも狭く感じられるほどの躍動感、存在感を見せてくれた。琉ドルの魅力はライブにあり、は本当だ。

亀田は「レッスン見守り型アイドル。レッスン場がガラス張りで、ファンの方に観ていただけるんです」と、特徴を説明。プロ野球のキャンプさながら、沖縄のレッスン場にはファンが彼女たちの練習風景を見るために駆けつけるという。

そんなユニークな練習環境に、根間は「最初は緊張してかたまったけど、慣れました」と、はにかむ。最近、見に来るファンの数が増えてきたそうだ。

「沖縄は人があったかい。みんな家族みたい」と笑う天久。麗羅は「レッスンを見れて平日もたくさんライブをやっているので、観にきてください」とPR。嘉手川も「沖縄に来てくださるって言っていただければライブしますので、ぜひ来てください!」と続く。なんとスタッフである骨っ子氏のツイッターやブログに、沖縄に行く旨、リプを飛ばして伝えればライブをするという。最後にメンバー全員、声をそろえて「沖縄にも遊びに来てね!」と元気にアピールした。

7月7日、アイドル横丁への出演も決定した琉ドル。アイドル界に新風を吹き込むか?

【公式サイト】
http://www.summit-pro.jp/
【骨っ子ブログ】
http://ameblo.jp/honekawahaiji

20130601_ryukyuidol02

広告

Written by 志和浩司

2013/06/08 @ 10:20 pm

カテゴリー: アイドル, インタビュー

Tagged with

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。